バイアグラは誰でも服用出来る訳ではありませんので

こんな人はバイアグラを飲んではいけません!

バイアグラの副作用はどのようなものがあるんでしょうか?
重大な副作用として挙げられているものは、硝酸薬といわれるニトログリセリンと一緒に飲むことで
急激に血圧が下がった、 4時間以上の痛みを伴う勃起が続いた、突発性難聴などです。
軽い副作用としては、頭痛、鼻づまり、顔面潮紅、めまい、ほてり、血圧が変動する、動悸息切れ、
視覚異常、目が霞む、青く見える、胃が不快になる、などなどが挙げられます。
絶対に注意したい事は、硝酸薬といわれるニトログリセリンと一緒に飲むことですね。
実際に死亡した例もあるので注意が必要です。
尚、高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満、心疾患を患っている方もバイアグラを服用して
死亡したケースもありますので、このような持病のある方は、服用の際に必ず医師の診断を受けてください。
極端な低血圧、高血圧の方はバイアグラを利用してはいけません。このような人が
性行為をすることで心臓や脳血管にダメージを受け、バイアグラのおよぼす影響で、さらに危険性が高まる可能性が
あります。
他にも、最近6ヶ月以内に心筋梗塞を経験した人、最近6ヶ月以内に脳梗塞、又は脳出血を経験した人、
重い肝障害、肝硬変を患っている人などはバイアグラを飲んではいけません。